皆様ご無沙汰しております。

2020年この最悪コロナyearにどんなお仕事を頂いていたかの記録を残す為に無理矢理足跡を残して行きます。

11月15日に開催されました千種華道協会創立70周年記念いけばな展になります。この展示会は約2度程開催が延期され、ようやくこのタイミングで開催する事のできた私の生涯の中でも1番思い入れの強いいけばな展となりました。

ただシンプルに生花を楽しみたいと言う先生方の前にこのウイルス野郎は憎たらしいほど何度も何度も高いハードルをぶつけてきました。

それでも核となって進めてこられた先生方の前にはコロナでさえ全くの無力でした。

もちろん根性論・精神論だけで立ち向かうのでは無くコロナを軽視せず正しく恐れ、出来る全ての対策を施しての開催は言うまでもありません。

また開催にあたり各方面より数多くのお力添えを頂きました。ご協力頂きました方々の中にはご自分への見返りを一切求める事無く、ただリーダーの熱量に引っ張られ自ら働き、そして汗を流す。そんな素晴らしい方々にご尽力を賜りました。

目標を成し遂げる為の人間である原点中の原点。

それは本当に尊く清々しい景色でした。

私の人生も3分の2は終了してしまいました。

残りの3分の1の中でもう1度この景色を見たいと強く思いました。m(_ _)m